あなたの身を守る「ピル」について詳しく学ぶ。

ピルは通販でも買える

好きな人との愛を深めるために、避妊効果の一部としてピルを服用する方が増えてます。 産婦人科で処方してもらうというのが一般的な入手方法となっています。 しかし、保険の適用外になることが多く、全額負担というのは金銭面や女性にとって大きな負担となっています。

ピルを使用する

性行為時に妊娠してしまうことを避けるために使われる有名なものとしてピルがあります。事前に服用するものと後から服用するものとありますが、どちらも高い避妊率を発揮するので、女性の方はあらかじめ準備しておくといいでしょう。

>

緊急時にはアフターピル

コンドームによる避妊方法は高い信頼があるもののアクシデントが起きないとも限りません。そんなときに性行為後から避妊できるのがアフターピルです。アフターピルにどういった種類があるのかをみてみましょう。

ピルのことをもっと知ろう

性行為時に妊娠してしまうことを避けるために使われる有名なものとしてピルがあります。事前に服用するものと後から服用するものとありますが、どちらも高い避妊率を発揮するので、女性の方はあらかじめ準備しておくといいでしょう。

ピルってなに?

低用量ピル服用によって生じうる副作用はとても軽度なもので、用法用量さえ守っていただければ副作用発症も少ないです。 それよりも上記で述べたような服用によるメリットのほうが大きいので、副作用におそれることなく使用していただけたらと思います。いざというときでもこれを飲むことで妊娠防止ができるのです。 これらのピルはネット通販でも簡単に買えてしまうので、女性の方はあらかじめ準備しておくといいでしょう。 ただし服用方法はしっかり守ってくださいね。

ピルの種類

低用量ピルと呼ばれるものは性行為前に服用することで排卵を抑制する効果があるためほぼ確実に妊娠することを防げるとされています。 その避妊率の高さに加えて、ピルの素晴らしい点は女性自身の意思で服用できるということです。 強要され断りきれなかったり、中には出さないからと言われついやってしまったりすることも実際にありえます。 そんなときでも低用量ピルなら女性が服用するだけなので邪魔されずに事前に避妊することができるのです。

アフターピル

ピルにはアフターピルと呼ばれるものもあります。 低用量ピルとは違って、妊娠の恐れがあるときに性行為後に服用するものです。 こちらも低用量ピル同様、高い避妊率を誇っています。 コンドームが途中で破れてしまった、といった場合でもアフターピルを常備しておけば、

ピルの効果

低用量ピルは正しく服用すればほぼ100%の確率で避妊することができるとされています。 排卵抑制の効果があることからも生理周期の安定や生理痛の減少を目的として使用したり、子宮頸がんなどの治療および予防に使われることも少なくありません。

ピルの副作用

低用量ピル服用で起こりうる副作用を心配される方も少なくありません。 しかしここで起こる副作用とは身体へ大きな負担をかけるものではなく、うつや吐き気など、妊娠初期症状に似たものが発症する可能性があるということです。 また服用してから間もない頃は副作用が生じやすいですが、低用量ピルを服用してから1~3ヶ月後には身体が慣れ始めるため副作用が生じにくくなるといわれています。

医師に相談

もしここで、相変わらず低用量ピルによる副作用が生じている方は一度医師の診察を受けることをオススメします。 というのも、身体と服用している低用量ピルが合っていない可能性があるからです。